« 年賀状代わりのニュースレター | トップページ | 事務所の窓掃除 »

2014年12月29日 (月)

身内だけか他人が入っているのか

今日は、ニュースレターの発送作業。
折り曲げて封筒に入れて…それはそれで手間のかかる作業。

事務所のメンバーの一人が私の奥様であること、ほとんど書かないでいますが、こんな時に無理を聞いてもらえて、助かります。

こんな時に、というか、今月はかなりの無理を押しつけていますが。

夫婦であることは、あえて書かないというか、私なりの考えがあってのことです。
司法書士に限らず、同じ個人事業であっても、身内だけでやっているのか、他人が入っているのかで、組織の質は全く変わります。

他人が入ることにより、代表者だからと、勝手な行動ができなくなりますし、緊張感が生じることで、「組織」という形になりやすいのは間違いないです。

しかし、2人だけの組織になると、「夫婦の事務所!」と強調して書く気がします。
1人だけになったら、「全部のことを私本人がやっています!」を、プラスの材料として書くのかも。

環境によって、考え方によって、何がプラスの特徴になるのか、マイナスになるのか、分からないですが、現時点では司法書士が3人いて、業務の中心は家族以外の人が担ってくれてる事務所です。

|

« 年賀状代わりのニュースレター | トップページ | 事務所の窓掃除 »

事務所経営論」カテゴリの記事