« 司法書士会で電話相談の担当 | トップページ | 追われた感たっぷりの毎日 »

2014年12月10日 (水)

やっぱり司法書士はサービス業

私の事務所の特徴のひとつとして、個人のお客様が多いこと。
それが、債務整理の業務には限られないこと、があります。

そんな中で、最近は進行に追われて仕事をさせてもらってますが、仕事の中身で悩んだり、しんどい思いをするのは苦にならないこと。

一番避けたいことは、依頼者の方に不満を持たれたり、関係がこじれたりすることです。

同じように接しても、同じように受け止めて下さるとは限りません。
同じように仕事をしても、同じように評価して下さるとも限られないです。

司法書士は専門職であり、事務職でもあるのですが、「そもそもはサービス業なんだ」という部分からは外れてはいけない、と思ってやっています。

|

« 司法書士会で電話相談の担当 | トップページ | 追われた感たっぷりの毎日 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)