« 金融機関から法務局までの道のり | トップページ | 自宅に届く郵便物の管理 »

2014年11月27日 (木)

小回りが利くこと融通が利くこと

お客様から紹介のご依頼を受けて、条件として「小回りが利く」人という表現をされたのですが、そんな感覚がよくわかります。

動きが遅い、連絡が遅い。
そんな単純なことが大きなマイナス評価になってしまうのも、士業の仕事です。

それに加えて、私の中でキーワードとして存在するのが「融通が利く」こと。

士業の世界にいる人は、会社員として、組織の一員としては生きていけない人。個性が強い、我が強い傾向があると思います。

そんな中、「自分の信念を曲げない」ことは必要だとしても、個々のお客様の要望に応えて、喜んでいただくためには、臨機応変に、融通を利かすことができる、というのも、重要なポイントです。

|

« 金融機関から法務局までの道のり | トップページ | 自宅に届く郵便物の管理 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事