« 大阪港めぐり-デイクルーズ | トップページ | 複数の媒体を見て来てもらえること »

2014年10月20日 (月)

不意の出来事に備えられる意識

債務整理で返済計画を立てる際。
まだ返済がスタートしていない状態で、「余裕ができたら、まとめて返済していいですか?」と問われることが、結構あります。

しかし、返済が始まった後はその逆で、繰り上げて返済される方よりも、途中で滞ってしまわれる方のほうが多いです。

債務整理での3年~5年の返済期間は思っておられる以上に長くて、いろんな出来事があるようです。

事務所で一旦お預かりして、返済を代行している方の中には、余分に積み立てされている方もいらっしゃいますが、そうやってプールされているお金のおかげで救われることも、しばしば拝見しています。

「これくらい返せるわ」という自信も必要かもしれないですが、数字には謙虚に向かい合って、何かがあっても大丈夫なように備えておかれる意識のほうが、大事なものだと感じます(他人事ではないので、自分にもそんな言葉を投げかけておきます)。

|

« 大阪港めぐり-デイクルーズ | トップページ | 複数の媒体を見て来てもらえること »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)