« 手紙で届くとは限らない意図 | トップページ | 老後を過ごすにも都会のほうがいい? »

2014年9月26日 (金)

「経験豊富」「取扱多数」の基準は…

「経験豊富」「取扱多数」
そんな言葉をあちこちで見かけます。

しかし、どんな裏付けがあって経験豊富と言えるのか。
取扱多数というところの「多数」は、一体どれだけの件数を言うのか。

そこが分からないので、逆に不誠実な印象を受けます。

司法書士もそうですが、同じ業界には、上には上の人がいるものなので、「経験豊富」は、なかなか自分からは使えない言葉です。

経歴や経験に本当に自信があれば、言葉で飾らず、ありのままを書けます。それを元に、周りの人が判断してくれるものだと思います。

消費者側としては、『広告用の言葉』に惑わされず、見極めが必要なところです。

|

« 手紙で届くとは限らない意図 | トップページ | 老後を過ごすにも都会のほうがいい? »

価値観・共感した話」カテゴリの記事