« 司法書士費用の高い安いの基準 | トップページ | うちわは「ご自由にお取り下さい」 »

2014年9月10日 (水)

円満な相続に「勝ち負け」はなし

「おはよう朝日です」のテレビ欄に、「相続問題のいろいろ モメない“勝つ相続”」とあったので、録画して見てみました。話をされたのは、有名な山岸弁護士。

話は「相続税の改正」から始まり、その後、「実は相続税に関係のない方たちが、家庭裁判所のお世話になっている」「むしろ、金持ちケンカせず」というメインの話になりましたが、そこで気付きました。

相続問題を取り上げる際、相続税の改正の話は、話に興味を持ってもらうための「つかみ」として使われているのかもしれない、と。

先日も書きましたが、相続税改正のことと(相続税問題)、相続のモメ事等のこと(相続問題)は別の問題なので、この番組のように、両者は別々に語られないといけないことです。

ちなみに、山岸弁護士の本「勝つ相続」の内容は分からないですが、少なくとも司法書士の世界にいると、相続で「勝つ」「負ける」は、いずれも望ましくないこと。『円満な相続』であれば、そこには勝つ人も負ける人もいないはずだからです。

|

« 司法書士費用の高い安いの基準 | トップページ | うちわは「ご自由にお取り下さい」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事