« ご依頼の強制はしません | トップページ | 嵐山モンキーパークと天龍寺 »

2014年9月20日 (土)

ちょっとした現実逃避の時間

Dsc_335410代の頃に、ほぼ全冊読んでいた西村京太郎の推理小説。
今になって、再びはまろうとしています。

「夜間飛行殺人事件」「神話列車殺人事件」「寝台特急ゆうづるの女」など、当時に読んでなかったものも含めて、古本屋に行ってはチェックするようになりました。

1つ1つの結末は覚えていませんが、登場人物の名前やちょっとした文章の表現は記憶に残っていて、最後まで読んでみると、ああそんな結果だったなぁと。

列車から外部への通信手段も、列車の無線を使っていたり、わずかな停車時間に駅ホームの公衆電話を使っていたり。写真を送るのに郵便の「速達」を使っていたり。本を書かれた当時の時代背景も伝わります。

過去の記憶も蘇らせながら、ちょっとした現実逃避の時間です。

|

« ご依頼の強制はしません | トップページ | 嵐山モンキーパークと天龍寺 »

読書・映画の話」カテゴリの記事