« 生活保護や障害年金のことなど | トップページ | 円満な相続に「勝ち負け」はなし »

2014年9月 9日 (火)

司法書士費用の高い安いの基準

司法書士の手続き費用。
数万円単位で必要となることが多いので、普段司法書士になじみのない方にとっては、きっと高いものだと思います。

しかし、一方では、「そんなに安くていいの?」「もっとちゃんと請求して」と言われることもあって、「高い」「安い」の判断基準は人によっても違うので、難しいところです。

報酬のことで何か言われて、お客様と関係が悪くなるのは、一番避けたいことなので、ホームページには料金を掲載しています。値段の出ていない飲食店には入れないのと同じように、高い安い以前に、報酬の「透明性」は必要です。

「他所に行けばもっと安くであるんじゃないか」と迷われる方もおられます。
そんな時は、「自信がなければ、料金を表に出しません」と言います。たいてい頼んで下さいます。

|

« 生活保護や障害年金のことなど | トップページ | 円満な相続に「勝ち負け」はなし »

司法書士の日常」カテゴリの記事