« 悩みごと解決へのお手伝い | トップページ | 仲介業者さん抜きの不動産売買取引 »

2014年9月 4日 (木)

「ここ、何屋さん?」と言われる司法書士

事務所の外から、「ここ、何屋さん?」という子供の無邪気な声が聞こえました。

司法書士は司法書士でも、「登記屋」さんにはなりたくない。
「過払金の取り戻し屋」さんにもなりたくない。

この2つの思いは、ずっと自分の中にありました。

その結果、何屋さんか分からなくなった部分もありますが、目の前のお仕事に取り組んでいるうち、自然と今の事務所のスタイルにたどり着きました。個人のお客様の、困りごとの解決と、面倒な手続きをお手伝いする仕事。

だから、過払いの案件が減っても、仕事のやり方に大きな変化はありません。

「あそこに頼んだら、きっちりとするらしいよ」と、人から人に伝えてもらえる事務所。
「ホームページを見て司法書士に問い合わせするならここの事務所!」と思ってもらえる事務所。

その中に、お仕事の内容で区別はありません。

|

« 悩みごと解決へのお手伝い | トップページ | 仲介業者さん抜きの不動産売買取引 »

司法書士の日常」カテゴリの記事