« 法務局からの意外な電話 | トップページ | 「ここ、何屋さん?」と言われる司法書士 »

2014年9月 3日 (水)

悩みごと解決へのお手伝い

自己破産の手続きが終わり、免責決定の出た依頼者の方が、費用を持って来て下さいました。

裁判所に申立するまでになかなか書類が揃わず、そのことに言い訳をされた時には、ついついきつく言ってしまったこともあったのですが、表情を拝見して、すごくさっぱりされたような印象を受けました。

その後は、また別の依頼者の方と、自己破産申立前の打ち合わせ。

まだまだこれから申立をする段階ですが、最初に相談に来て下さった時と比べると、随分と落ち着かれたように感じます。

いずれも私がそう感じただけ、ではありますが、心身の状況は、意識せずとも外見に出て、周りに伝わるものです。

司法書士としてお手伝いできることは限られていますが、法的な手続きを通して、長年悩んでおられたことが解決できたのであれば、お仕事をさせてもらって良かったな、と思います。

|

« 法務局からの意外な電話 | トップページ | 「ここ、何屋さん?」と言われる司法書士 »

司法書士の日常」カテゴリの記事