« 「任せます」を額面通り受け取らない | トップページ | 行政書士としての相続のお仕事 »

2014年7月10日 (木)

借り換えはもっと知ってもらいたい手続き

今日は、借り換えのため、住宅ローンの契約に立ち会い。
住宅ローンの契約は、金銭消費貸借契約を略して、「金消契約(きんしょうけいやく)」と言われています。

新たに抵当権を設定する金融機関の書類の他、権利証、今設定されている抵当権を抹消するための委任状をお預かりします。

住宅ローンの借り換えは、新しく借り入れする住宅ローンを使って、既存の住宅ローンを完済すること。

諸費用は必要となりますが、「金利差が大きいほど」「残債務が大きいほど」「残りの返済期間が長いほど」、利息の軽減効果を得ることができます。経済的なメリットが数百万円ある…ことも、少なくありません。

そんなことで、住宅ローンの借り換えは、もっともっと多くの方に知っていただきたい手続きなのですが、今回は、セミナーに参加して下さった方に利用してもらえました。

我々のちょっとした活動によって、お役に立てることを実感できてよかったです。

|

« 「任せます」を額面通り受け取らない | トップページ | 行政書士としての相続のお仕事 »

司法書士の日常」カテゴリの記事