« 社内の伝達ルールはシステム化を | トップページ | カウンターの存在が憧れだった »

2014年7月15日 (火)

司法書士は天職だから

他士業の先生から、「先生は、司法書士が天職だから」と言われました。
周りの人からそんなふうに見てもらえるのは、幸せなことです。

『天職』の意味は、国語辞典では、

・その人の天性に最も合った職業
・その人の性質・能力にふさわしい職業 

とあります。

司法書士に合っているかどうか、ふさわしいかどうかは分かりませんが、『天性』『性質』という言葉は、自分の力を超えた世界にあるように受け取れます。

日々のお仕事も、「与えられた役割だ」と受け止められると、例えば「しんどいなー」とか、「嫌だなー」とか。そういった、いろんな感情を超えた状態で取り組めます。

|

« 社内の伝達ルールはシステム化を | トップページ | カウンターの存在が憧れだった »

司法書士の日常」カテゴリの記事