« 成年後見が不人気な理由? | トップページ | 借り換えはもっと知ってもらいたい手続き »

2014年7月 9日 (水)

「任せます」を額面通り受け取らない

交渉中の案件、依頼者と方針の打ち合わせ。

一旦は「任せます」と言われたものの、いろいろとお話しをしているうち、「結論を出す前に、もう一度連絡ください」ということになりました。

「代理人だから」「任せますと言われたから」と、司法書士が好きなように事を進めていいわけではない、と考えています。

依頼者の方は、よく分からないまま「任せます」と言われていることもあれば、「思っておられることを言えない」ということもあるでしょう。

「任せます」と言われながらも、どんなお考えを持たれているか、ということは、少しお話ししてみると、確認できるものです。

私が消費者の立場に立てば、「任せる」としても、内容を把握してから進めて欲しい。望まれていないことを、「お客様のため」と言ってするのは、自己満足に陥る可能性があるので、避けないといけないです。

|

« 成年後見が不人気な理由? | トップページ | 借り換えはもっと知ってもらいたい手続き »

司法書士の日常」カテゴリの記事