« 奈良公園とスーパーホテル | トップページ | 目的は法的な解決にたどり着くこと »

2014年6月 9日 (月)

映画「秘愛」

昨日の続きです。
スーパーホテルの「VODルームシアター」で見た山本太郎主演「秘愛」のストーリーは、心に刺さりました。

新婚早々、奥さんが植物状態になって3年になる夫は、他の女性と恋愛することを許されるのか。彼女の誕生日と、奥さんとの結婚記念日が重なった時、どちらを優先するのか…。

仮に離婚をしたいとしても、その意思表示をすべき妻は判断能力を失っているし、成年後見人を選任しても、成年後見人が代わりに離婚に同意することはできません。

そんな法律上の手続きのことを考えながらも、それが映画のテーマではなくて、大事な人を大事にすることと、失うということがどういうことなのか。

切ない話の中に、山本太郎の優しさ、誠実さが伝わって、とてもいい話でした。

|

« 奈良公園とスーパーホテル | トップページ | 目的は法的な解決にたどり着くこと »

読書・映画の話」カテゴリの記事