« 「伝わるように」の意識と工夫 | トップページ | 身近な存在になるための活動 »

2014年6月24日 (火)

顔も声も分からない相手の様子

電話の応対をしてくれてるスタッフの話し声を聞いていて、私は「(相手の方の)対応よさそうなや」と声を掛けました。「はい。いいですよ」と。

相手の対応が丁寧であれば、こちらも丁寧になるし、相手が穏やかであれば、こちらも穏やかに話せるもの。

一方、「感じが悪い~」と感じると、自分の対応も無意識に荒くなりますし、何か言われたら、「ひと言、言い返してやろうか」という感情も芽生えるもの。

目の前にいる人の様子から、顔も見えない声も聞こえない電話相手の様子も伝わるのですから、仕事をしていく中で、人の「感じ」というのがどれだけ大きなものか。どれだけ周りの人に影響を与えているのかも、分かります。

|

« 「伝わるように」の意識と工夫 | トップページ | 身近な存在になるための活動 »

司法書士の日常」カテゴリの記事