« 映画「秘愛」 | トップページ | 相続登記が続けて完了 »

2014年6月10日 (火)

目的は法的な解決にたどり着くこと

書類作成のための打ち合わせ。

「事情」の部分と「感情」の部分を仕分けしながら、書類に落とし込むために必要なことを聞き出していきます。

片方の側の立場に立ってお仕事をしていたとしても、少し目線を引いて、では相手側から考えたらどうなのか、裁判所から見た時にどうなのか、といった点から、お話しすることもよくあります。

それは決して、相手の肩を持つとか、そういったことではなくて、法的な解決にたどり着いてもらうために、冷静に考えてもらうことも必要だと考えるからです。

その前に、私自身が依頼者の言葉を受け止められないと、「気持ちを分かってもらえない!」ということにもなりかねませんが、感情を後押ししてしまったり、感情に感情を重ねて走ってしまう…ことはないように、と、心掛けてます。

|

« 映画「秘愛」 | トップページ | 相続登記が続けて完了 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事