« 運と真面目はつながっている? | トップページ | 新しく相談票に加えたご質問 »

2014年6月 6日 (金)

ハードルも高い任意後見契約

任意後見のご相談のために訪問。

ご家族からの相談が多いのは、遺言書作成のお仕事でも同じですが、任意後見の場合は、なかなかうまく進まないことも多いです。

契約の内容が難しくて、ご理解いただくことにハードルが高いこともありますが、やっぱり、人対人の関係があっての契約なので、初めてお会いした時からトントンと進んでいく…というわけにはいきません。

ところで、司法書士の中でも、リーガルサポートの会員が任意後見契約の受任者になる場合は、いろいろと制約があったり、段取りを踏んで進める必要があります。

そんなに面倒ならば止めておこうか…となることや、リーガルサポートに未加入の司法書士なら制約がないから、入っていない司法書士と契約すればいいのか…という話になると、誰のための制度なのかと、矛盾を感じることもあります。

|

« 運と真面目はつながっている? | トップページ | 新しく相談票に加えたご質問 »

司法書士の日常」カテゴリの記事