« 場所を変えてリフレッシュ | トップページ | 登記にも使える固定資産税納税通知書 »

2014年5月 7日 (水)

時間では計算できない価値の提供

今日は、1時間いくら。
タイムチャージでのご依頼がありました。

「1時間やればいくらいただける」のではなく、「時間で結果を出さないといけない」ということです。

金額的な条件も合わなくてお断りすることになりましたが、普段から「とにかく速く」を意識したお仕事もなくて、同年代で顔を見合わせて、ご期待には応えられないなーというのが結論でした。

だからといって、「スピードは必要ない」ということではなく、手際良く進めていかないと、自分がしんどくなる結果になるのですが、司法書士は専門職ですから、時間では計算できない価値の提供、を目指していかないといけないです。

|

« 場所を変えてリフレッシュ | トップページ | 登記にも使える固定資産税納税通知書 »

司法書士の日常」カテゴリの記事