« いよいよ明日グランドオープン | トップページ | 司法書士は自分で探すこともできます »

2014年5月29日 (木)

「働き方柔軟に」はなかなか難しい

今日の日経新聞で、政府が「専門職を中心に週40時間を基本とする労働時間規制を外す方針を決めた」の記事。

ウチの事務所では、「残業手当がない」よりも、「残業」自体がないのですが、根本には、記事にあるように、「時間をかけた方が給料が増える」環境にはしたくない、という思いがあります。

そのことを「都合がいい」と受け止めてくれる人もいれば、「厳しい」と感じる人もいるでしょう。どんなルールがいいのかは、その職場によって、その人よっても違ってきます。

「会社員」と「個人事業主」である私の立場を比べることはできませんが、私自身が時間を構わず仕事をやってられるのは、収入の問題ではなく、自分で判断できる権限を持っているから。

何かに拘束されてる中で同じことをやっていたら、とっくに身体を壊しているでしょう。

自分で決められること、裁量を持って仕事をできることは、それだけ大きなことです。

|

« いよいよ明日グランドオープン | トップページ | 司法書士は自分で探すこともできます »

世の中の話」カテゴリの記事