« やっとNISA口座の開設が完了2 | トップページ | 手続きのご案内と気持ちの部分 »

2014年2月 5日 (水)

内容証明郵便作成のお仕事

Dsc_2557日常のお仕事で、「内容証明を書くだけ」で解決するのは、消滅時効援用の意思表示くらいですが、「内容証明を書いて欲しい」というご依頼があった時は、事務所に来てもらう前に、予め内容をお聞きするようにしています。

内容証明郵便を発送することによって、問題が解決することよりも、逆に争い事がスタートすることもあるので、内容によっては最初から弁護士さんに相談してもらうほうがいい、というのが、事務所の考え方です。

それは、「いや、書いてもらうだけでいいので」と相談者の方が言われる場合でも同じです。

逆に、訴訟からお仕事をお受けした時に、その前に送られていた内容証明郵便の内容に、不備を感じることがあります。訴状の構成が見えていないと、どうしても抜けてしまう部分があるのです。

ちなみに、行政書士が作る内容証明郵便については、「明日、夫が逮捕されちゃう!?」を読むと、いろいろと考えさせられます。

|

« やっとNISA口座の開設が完了2 | トップページ | 手続きのご案内と気持ちの部分 »

司法書士の日常」カテゴリの記事