« 「すごい人」の背景にあるもの | トップページ | 情報誌「まみたん」主催のセミナー »

2014年2月27日 (木)

老後の生活を考える

「老後の生活を考える」ということは、普段のお仕事の中でお手伝いしていることですが、私も40を過ぎると、「自分の老後がどうなるのか」ということを無意識の中で考え始めます。

そんなことを気にせず、好きなように生きているのが一番ですが、

今、厚生年金を受け取られている方を見ていると、国のシステムによって「勤務先の会社が厚生年金保険料の掛金を天引きしてくれていた」ことが、リタイア後の生活でどれだけ大きいことか分かります。

自営業者には退職金もないし、国民年金をもらえたとしても、それで生活していけないのは明らか。「自営には定年がない」としても、体力も判断能力も衰えてくる中、今と同じように仕事をしていけないのは間違いないことです。

国に頼れないなら、自分たちで考えて行動しないと仕方がない。
そんなことを漠然と考えていても、きっと60歳になった時には、「自分が40の時は、何も分かっていなかったんだなー」と思うのでしょう。

|

« 「すごい人」の背景にあるもの | トップページ | 情報誌「まみたん」主催のセミナー »

価値観・共感した話」カテゴリの記事