« 登記簿の閲覧省略で大事に至ることも | トップページ | 老後の生活を考える »

2014年2月26日 (水)

「すごい人」の背景にあるもの

「あの人すごいな~!」と思える方、司法書士でなくても、同じ世界を見渡せば、どこにでも存在します。

例えば、司法書士であれば、何か所もの金融機関の仕事をしているとか、上場会社の顧問先を持っているとか、事務所には何人もの司法書士がいて、毎日不動産の決済に追われている、とか。

「すごい人」を見る目が、うらやましい!であったり、憧れであったり、もしかしたら妬みであることもあるかもしれませんが、活躍している人は、特別な才能があったわけではなく、「見えないところで、それだけのことをしているんだ」ということは、忘れてはならないところです。

だから、表から見える部分だけマネをしようとしても、うまくはいかないし、活躍されていることが、5年10年の積み重ねの結果によるものであれば、1年2年頑張ったとしても、同じようにいかないのは当たり前、ということになります。

|

« 登記簿の閲覧省略で大事に至ることも | トップページ | 老後の生活を考える »

価値観・共感した話」カテゴリの記事