« 「自分自身で気付くもの」という事実 | トップページ | やっとNISA口座の開設が完了2 »

2014年2月 3日 (月)

映画「鍵泥棒のメソッド」

昨夜放送されていた映画「鍵泥棒のメソッド」は、「半沢直樹」の出演者である『堺雅人VS香川照之』のからみもあって、面白かったです。

プロの殺し屋?だった香川照之は、頭を打って記憶が飛び、堺雅人に鍵をすり替えられたことから、堺雅人(役者)人生を歩みかけます。

しかし、適当な生き方をしていた堺雅人と違い、香川照之は元々が『プロ』の世界にいた人なので、突然やらされることになった役者としても、本を買い込んで真面目に勉強しようとします。そんな趣旨で描かれたのではないのかもしれませんが、私にはそう伝わりました。

さて、夕食は食材配達でメニューが決まってるので、今日は昼食に事務所で恵方巻き。

堺東に行ったついでに、高島屋で買うことにしましたが、ロープを張って順番待ちさせている店もあれば、並んでいる人が居ない店もあります。なぜここまでの差が?という疑問に答えが見つからないまま、手頃なサイズの525円のものを買いましたが、十分美味しかったです。

|

« 「自分自身で気付くもの」という事実 | トップページ | やっとNISA口座の開設が完了2 »

読書・映画の話」カテゴリの記事