« 振込先に指定される銀行口座 | トップページ | 違う分野の専門家との相談会 »

2014年1月25日 (土)

「若い力を伸ばす読売巨人軍の…」

Dsc_2533「若い力を伸ばす読売巨人軍の補強と育成力」(大森剛著)

プロ野球のスカウトが日々どのような活動をしているのか、それがどれだけ過酷なものなのか。今まで全く知らなかった部分が見えて、面白かったです。

この本を「野球の本」ととらえると、巨人ファンでないと興味を持てないでしょうけど、「人材の採用や育成」という部分から、ためになることがたくさん書かれています。

一般的な社会人の採用活動は、他社(前職等)で実際に仕事をしているシーンを見に行くことはできません。著者は「今日は面接だと気負って、演出してくる人を面接したところで、本当の性格や人間性までは見えてこない」と書かれています

一方、プロ野球の採用活動は、アマや前球団で実際にやっている試合を見ることができます。著者は「一球だけ振ってくれれば、だいたいプロで通用するか判断できる」と書かれています。

それでも一流の選手になるのは、ほんの一握りです。

ということは、採用活動はそもそもが難しいことで、その後の育成も大変なことなんだ(でも、できる人は自分で育っていきます)…ということが、プロ野球の世界を通して考えさせてもらえます。

|

« 振込先に指定される銀行口座 | トップページ | 違う分野の専門家との相談会 »

読書・映画の話」カテゴリの記事