« こだわりも伝わらないと意味がない | トップページ | 北へ南へと大きく移動 »

2013年12月 8日 (日)

「金持ち脳と貧乏脳」

Dsc_2385「金持ち脳と貧乏脳 脳とお金のただならぬ関係」(茂木健一郎著)

日経新聞の「目利きが選ぶ今週の3冊」で紹介されていた本。

「脳」と「お金に関する行動」の関係から、「成功者の行動」へと話が広がっていきます。

お金を持っているから、お金を稼いでいるから幸せということではない。じゃあ、どうすれば「幸せの本質」にたどり着けるのか、という部分まで書かれています。その結論にも共感。

お金について語ることは、タブー視される面もある世の中ですが、脳科学者ならではの視点もあり、面白くて分かりやすいし、本質を突いています。

お金について考えることは、自分の「生き方」そのものを考えることになるんだ、ということを改めて理解させてもらえます。経営者から主婦の方まで、立場にかかわらずお勧めの本です。

|

« こだわりも伝わらないと意味がない | トップページ | 北へ南へと大きく移動 »

読書・映画の話」カテゴリの記事