« 「ドキュメント72時間」が面白い | トップページ | 「電話ありました」メモに対応できず »

2013年12月23日 (月)

半沢本3冊目「ロスジェネの逆襲」

Dsc_2436「ロスジェネの逆襲」(池井戸潤著)

あの「半沢直樹」シリーズの3冊目。
ドラマでは中途半端に終わった後の話。東京セントラル証券への出向に出された後の出来事です。

時期の設定は平成16年。「敵対的買収」とか「ホワイトナイト」とか、「買収の本来の目的がその子会社であった」話など、ライブドアとフジテレビの騒動を思い出させてくれます。

「仕返し」の構図が、「会社対会社」に大きくなりましたが、最後はスッキリとした終わり方。半沢はやっぱり実力者だったようです。

半沢の発言で、こんなフレーズがありました。
「サラリーマンは--いや、サラリーマンだけじゃなくて全ての働く人は、自分を必要とされる場所にいて、そこで活躍するのが一番幸せなんだ。会社の大小なんて関係がない。知名度も。オレたちが追求すべきは看板じゃなく、中身だ」(以上引用)

「必要とされる場所で活躍するのが幸せ」というのは、私も本当にそう思います。
司法書士の業界でもそうですが、分かりやすいプロ野球の世界なんかでも、「一度獲った選手を、最後まで面倒を見ないのは冷たい」と言う人もいますが、FAや移籍で自分を必要とする場所に身を移すことは、お互いにとってプラスのことです。

|

« 「ドキュメント72時間」が面白い | トップページ | 「電話ありました」メモに対応できず »

読書・映画の話」カテゴリの記事