« 「とんび」のDVDをレンタル | トップページ | 無理矢理でも仮説を立てる »

2013年11月18日 (月)

「相手にも都合がある」という認識

今週はほとんど予定が入っていませんでしたが、月曜日の今日、朝から何件かお電話をいただきました。

予定が空いている時は、「いつがいいですか?」と聞かれると逆に困る部分もあって、「逆に、いつがいいですか?」と問い掛けることになります。もしくは、「一番早い日時で、この時間が空いています」という案内の仕方もあります。

「先生の都合で決めて」と言って下さりながらも、実は気を遣って、そう言っておられるだけの場合もあるので、ある程度の希望は言ってもらえるほうが助かります。

かといって、一方的に指定されて困ることもあるので、「相手にも都合があるものだ」ということは共通の認識として、仕事をしていたいものです。

|

« 「とんび」のDVDをレンタル | トップページ | 無理矢理でも仮説を立てる »

司法書士の日常」カテゴリの記事