« 大阪刑務所の塀の中へ | トップページ | 預貯金の相続もお手伝い »

2013年11月11日 (月)

手間と報酬は関連してきます

手続きに必要となる費用は、依頼者の方にとって重要なことなので、初回のご相談・打ち合わせの時にお伝えしています。「まずは電話で」と、聞かれることも少なくありません。

司法書士報酬の体系は「できるだけシンプルに」と心掛けていますので、例えば、不動産の評価額の大小であったり、取得する登記簿謄本の通数等によった、報酬の区別はしないようにしています。

ところが、資料を見せてもらう前にお答えしてしまったとか、その後の状況が変わったとかで、事務所側から見ると、最終的にご請求したい金額が、当初の見積り額とは離れてしまうような場合もあります。

「状況が変わった」ことを、お客様との間で「共通の認識」にできる場合であればいいですが、実際にはなかなか「追加」を申し上げられないことも多いので、

資料を確認させてもらうことや、先を見通してお話しすることも含めて、事務所側が責任を負っている部分だという前提で、事情をお聞きするようにしています。

|

« 大阪刑務所の塀の中へ | トップページ | 預貯金の相続もお手伝い »

司法書士という仕事」カテゴリの記事