« 「専門家はウソをつく」(勝間和代著) | トップページ | 裏付け資料の有無で伝わり方が変わる »

2013年10月 7日 (月)

何年か経って結果が出る

今日は、思わぬ方面からお仕事が舞い込みました。

私は、「いろんな所に顔を出す」のは苦手で、面倒くさいと思う人ですが、ひとつの行動が何年か経って、結果として無駄にはならなかったんだなーということを、ひとつ経験できました。

思えば、長い間お付き合いをさせてもらってる方とは、「仕事をさせて下さい」という意図を持って近付いたわけではなくて、

何かのご縁で知り合えて、いつの間にか声を掛けてもらえるようになったとか、思いもしないことがきっかけだったとか、そんな始まりの方が多いように思います。

そもそも、どこがお付き合いの始まりだったのかな?どなたの紹介だったかな?と、思い出そうとしても出てこないこともありますね。

|

« 「専門家はウソをつく」(勝間和代著) | トップページ | 裏付け資料の有無で伝わり方が変わる »

司法書士の日常」カテゴリの記事