« 「翌朝10時便」の廃止で… | トップページ | 「専門家はウソをつく」(勝間和代著) »

2013年10月 5日 (土)

「ホテルローヤル」

Dsc_2200「ホテルローヤル」(桜木紫乃著)

ラブホテルを舞台とする、複数の男女の物語。

「直木賞受賞作」ということで読んでみましたが、最後に複数の話が一つにまとまるのかと期待していたところ、まとまりが分からなかったのが残念でした。

面白かったのは、ルーズなお坊さんに、お盆のお参りの約束をすっぽかされた中年の夫婦が、お布施として用意した5,000円をホテル代に使った、という話。

表向き尊敬されているようでも、歓迎されてるわけではないお坊さんの存在…を実感。

舅を含めて5人家族で、生活空間も制限され、日頃5,000円を自由に使うことも、熟睡する余裕もない夫婦の日常を見ると、生活の中での「自由」のありがたさがよく分かります。

|

« 「翌朝10時便」の廃止で… | トップページ | 「専門家はウソをつく」(勝間和代著) »

読書・映画の話」カテゴリの記事