« 面倒な部分のお手伝い | トップページ | 朝の時間にぐっと集中して »

2013年9月26日 (木)

ドラマ「半沢直樹」の終わり方

ドラマ「半沢直樹」の視聴率が、「今世紀のドラマで最高」だったと報じられています。

『100倍返し』が成功したはずなのに出向を命じられる-終わり方には、意外な感じもしましたが、原作本を読み返してみると、「出向」とは書かれていないものの、「異動」になることは示唆されています。

上司から「理不尽」を付きつけられ、それを必死では跳ね返そうとしていたドラマの『前半』と違い、『後半』は過去の仕返しのために、半沢から上司に仕掛けていた面もあったので、私の中では、その分共感が薄れていました。

常務に土下座させた後、頭も下げずに取締役会を後にしたシーンでは、「やり過ぎだろう」と感じました。

「仕返ししてやろう」という考えで行動していると、その反動がどこかで自分に返ってくる。「半沢直樹」は、そんな教訓のようにも思います。

|

« 面倒な部分のお手伝い | トップページ | 朝の時間にぐっと集中して »

価値観・共感した話」カテゴリの記事