« お盆休みまでもう少し | トップページ | 負けてもよく投げた »

2013年8月 8日 (木)

日々の業務に過去の事例を生かす

個人再生の債権届出期間に、一部の債権者が遅れて届出してきました。

私の中では、「こないだもあった」ことと、裁判所がどんな対応をしたのかも記憶していましたが、事務担当は逆の結果を予測した様子(裁判所が「受け付けはします」と言ったことも紛らわしかった)。

1つの仕事はその都度完結したとしても、実際にはどこかで全部つながっていて、その積み重ねがあるから目の前の仕事ができる。

今回の出来事はあくまでもひとつの例ですが、

そうだとすると、自分の担当でなくても、周りの仕事に関心を持つことは自分にプラスになることですし、今後の仕事をしていくために必要な姿勢なんだと思います。

|

« お盆休みまでもう少し | トップページ | 負けてもよく投げた »

司法書士の日常」カテゴリの記事