« 仕事に成長させてもらう | トップページ | お盆休みまでもう少し »

2013年8月 6日 (火)

事業を長く営むのは難しい

昨日の続きになりますが、役員の任期整理のため、たくさんのファイルを目の前にして感じることです。

1つは反省ですが、司法書士として、会社さんの「登記」以外の部分で、もっとお役に立てることはなかったのだろうか、という部分。

もう1つは、会社組織を、長期間継続させることの難しさです。

具体的に「倒産」というお話を聞くこともありますし、オンライン登記システムで商号を検索し、「閉鎖登記簿」となっているのを見て、廃業されていることを知ることもあります。

登記簿はそのままにして、実際には事業をされていない、という例も多いかもしれません。

資本金の制限がなくなって、役員1人で株式会社を設立できるようになって、設立自体はしやすくなった半面、「会社はずっと存続できて当たり前」ではなく、「同じ事業を長く営むのは難しい」時代です。

|

« 仕事に成長させてもらう | トップページ | お盆休みまでもう少し »

司法書士の日常」カテゴリの記事