« 自分で決めて行動すると苦にならない | トップページ | 他人にやってもらうことは難しい »

2013年7月 9日 (火)

見ている方向により着地点は違う

税理士の先生と打ち合わせ。
司法書士と税理士、1つの問題も、見ている方向が違うと、業務の着地点は違う場所になる可能性があります。

また、税理士さんによってもやり方、考え方が違う、という面もあります。

そういう意味でも、違った方向から意見を出し合うことは、お客様にとってはメリットがあることですし、税理士の先生から見たらこうだ、と知っておけると、司法書士である私自身の「幅」にもなります。

私の日常は、司法書士としての仕事の中で、必要に応じてFPとしての知識や思考を引っ張り出してきます。

それは、不動産登記の中であったり、債務整理の中であったりしますが、まず「知っておかないといけない」ことは、山ほどあります。

|

« 自分で決めて行動すると苦にならない | トップページ | 他人にやってもらうことは難しい »

司法書士の日常」カテゴリの記事