« どこでも通じるよう語れるか | トップページ | 常識は変えられていくもの… »

2013年7月19日 (金)

時には考え過ぎも必要?

普段出向かない裁判所のロビーで座っていると、「これ使ってね」と、掃除をしているおばちゃんが「裁判員制度」のうちわを渡してくれました。

地方の裁判所のユルイ雰囲気が、何とも言えません。

帰りの電車では、百田尚樹さんの『永遠の0』にはまっていましたが、法務局からメールで飛んできた「補正通知」に精神状態が一変。

メールだけでは、どの案件なのか、補正の内容も分からないので、いろんなことを考える中では、お客様に謝らないといけないシーンも想定します。

結果的には「考え過ぎ」で済みましたが、時には考え過ぎることも必要。
仕事の中では、責任を取ること、覚悟を決めないといけない場面が、時々あります。

|

« どこでも通じるよう語れるか | トップページ | 常識は変えられていくもの… »

司法書士の日常」カテゴリの記事