« 3001件目の記事 | トップページ | PLの花火 »

2013年7月31日 (水)

言い分が食い違う場面

男女間の言い分を並べて、言い分が食い違っているから「どちらかがウソを付いているということですね」と、テレビでやっていました。

しかし、意図してウソを言っているのではなくて、ひとつの事実に対して「認識が違う」こと。そして、認識したことが、その人にとっての「事実」になってしまう、というのは、よくある話です。

そこに「感情」が加わると、どんどん話が離れていくことにもなるんですね…。

人から聞いた話も、アテになるとは限りません。

「Aさんがこう言っているのを聞いた」という話になると、Aさんが実際に言ったことと、違っている可能性があります。

プライベートのことはともかく、司法書士の業務上大事なことについては、「人の認識や記憶は頼りにならない」という前提で、考えておくほうがいいんだと思います。

|

« 3001件目の記事 | トップページ | PLの花火 »

司法書士の日常」カテゴリの記事