« 街中にもあるお客さんの視線 | トップページ | どこでも通じるよう語れるか »

2013年7月17日 (水)

消費者の立場で感じること

最近、消費者の立場で、無理なお願いというか、要望をする機会があって、「ありがとう。言ってみるものだなぁ」ということもあれば、「嫌な人だな」と思う機会もあります。

しかし、「無理を言う時」というのは、きっと精神状態が良くない時、余裕がない時なんだろうと自覚しています。

消費者としてサービスを受ける中で、

「自分が事業者である司法書士なので、相手の立場を理解できる」という部分もありますし、「事業者である司法書士なので、相手の問題点も見える」という部分もあります。

両方の立場を考えて行動できれば、無茶を言う機会は減らせるでしょうし、「事業者のいい部分は、見習おう」「事業者の問題点は、自社の改善点と考えよう」と受け止めることもできます。

|

« 街中にもあるお客さんの視線 | トップページ | どこでも通じるよう語れるか »

価値観・共感した話」カテゴリの記事