« エスカレーターを歩くこと | トップページ | 1つのお仕事のサイクル »

2013年7月 4日 (木)

書類作成者として簡裁に

今日は、簡易裁判所での裁判でしたが、私は傍聴席。
書類作成者と送達受取人として関与させてもらいました。

今回の事案については、こんな形でのお手伝いがベストの選択だったと考えています。

普段は、代理人が付いていない事案について、「裁判官の説明は丁寧過ぎるのではないか」と感じることがありますが、『本人訴訟のお手伝い』という立場から見ていると、「丁寧でちょうどいい」と感じます。

ところで、裁判所に貼り出されている期日一覧表を見ると、全20件弱のうち、過払い訴訟は2件だけでした。

少し前は過払いの訴訟ばかりだったのに、時代の流れを感じます。

|

« エスカレーターを歩くこと | トップページ | 1つのお仕事のサイクル »

司法書士の日常」カテゴリの記事