« 司法書士プラスアルファの部分 | トップページ | トップが背負っている責任 »

2013年6月13日 (木)

未定なのであれば予定の拘束をしない

台風接近で、しばらく曇りの予報だったのに、昨日に続いて強烈な日差しでした。

さて、昨日から続いている4者間の日程調整。

確定するまで、予定を空けて待ってもらっているので、早く決めないといけなかったのですが、担当が他の急がないことをやってるので、「あのね」と小言を言います。

「空けておいて」は、プライベートなら許されることですが、

仕事で「空けておいて」は、相手に「予定を入れられない」状態に置かせるので、貴重な時間、仕事の機会を失わせることにもなります。

自分の時間を大切にするのと同時に、相手の時間にも気を配りたいです。

|

« 司法書士プラスアルファの部分 | トップページ | トップが背負っている責任 »

司法書士の日常」カテゴリの記事