« 「数」と実力の関係 | トップページ | 「松井秀喜-献身力」 »

2013年5月 4日 (土)

「金持ちになる方法はあるけれど…」

Dsc_1724_2「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」(堀江貴文著)

お金持ちになった後の生き方、人生論が書かれた本?と思って手に取りましたが、

刑務所から発信されていたメルマガのうち、こんなビジネスはどうか?というアイデアや、読者からの質問に対する回答が、分量的にはメインでした。

『あったらいいな』というのは、小林製薬のキャッチコピーですが、ちょっとした「不便」の解消を考えることがビジネスの出発点である、ということであったり、

ちょっとした工夫を加えることで人や社会のお役に立てるんだ、というシンプルなことを感じ取りました。

それと、「お金儲けを考えている」と社会からマイナスの視線を浴びているような人に限って、実はお金のことにとらわれずに行動しているもの。自分がやりたいことでないとやっていけない、ということもです。

|

« 「数」と実力の関係 | トップページ | 「松井秀喜-献身力」 »

読書・映画の話」カテゴリの記事