« 事務所内で複数の目を通せる環境 | トップページ | 身近な人からの影響は大きい »

2013年5月14日 (火)

他の事務所さんを拝見できる機会

今日は、管財事件に移行した破産事件を、管財人の弁護士さんに引き継ぎ。

応接室だけで、うちの事務所の半分くらいのスペースがあります。

管財人の中でも、電話も全てご自身で対応される先生もおられますし、事務員さんが表に出てこられる事務所もありますが、

いろんな事務所を拝見できる機会ですから、サービスを受ける側の気持ちにもなりつつ、何かを感じて帰れるようにと思っています。

司法書士事務所を見ることができたら、もっと勉強になるのでしょうけど。

どちらが良い悪いは一概に言えませんが、事務員さんが表に出て来られる事務所のほうが、組織として成り立っておられるんだろうなぁ…という印象を受けます。事務員さんが前に出てこられるとしても、よく悪い意味で言われる「任せっぱなし」と感じたことはありません。

|

« 事務所内で複数の目を通せる環境 | トップページ | 身近な人からの影響は大きい »

司法書士の日常」カテゴリの記事