« 時計を見ずにゆっくりと | トップページ | お付き合いのきっかけ »

2013年4月 2日 (火)

店の看板より誰がやっているかが重要

Dsc_1626「三国ヶ丘周辺グルメガイド」となっていますが、私の事務所も『三国ヶ丘スピリット!』に掲載してもらいました。

しかし、せっかく提案してもらったのに写真を載せなかったので、原稿が味気ないものになってますね。締め切りの時は、とても原稿を考える余裕がなくて…。

「お店」も大事かもしれませんが、どなたがやっているかが伝わる「お顔」も大事だな~ということを感じます。

我々のような小さな店であればあるほど、むしろ、誰がやっているのかが、イコール「その店」を表すもの。司法書士事務所であっても、同じことです。

|

« 時計を見ずにゆっくりと | トップページ | お付き合いのきっかけ »

司法書士の日常」カテゴリの記事