« 心身の余裕、時間のゆとり | トップページ | 現場を見ておく意味 »

2013年3月10日 (日)

映画「ツレがうつになりまして。」

映画「ツレがうつになりまして。」を見ました。

話の中でも出ていましたが、誰もがなる可能性がある病気。
初期のちょっとした不具合から、周りの人が気付いてあげることができればいいのでしょうけど、正しい知識を持っている人が少ないのも現実。

映画でも、最初は奥さんにも分かってもらえない所から始まりましたが、奥さんの協力を得てさまざまなハードルを乗り越え、人前で講演できるようになる所まで描かれていました。

支えてくれる家族の存在がなによりも大事。

実話が元になっているだけあって、より伝わってくるものがあります。
最後は、一緒に見ていた奥様と2人して涙でした。

|

« 心身の余裕、時間のゆとり | トップページ | 現場を見ておく意味 »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)