« 連載-求人への思い(3) | トップページ | 夕食を済ませて仕事に戻る »

2013年3月25日 (月)

仕事への投資とリターン

ある事業者さんの現場を拝見して、収入を得る前の段階。設備を用意するだけで、多額の資金が必要なことが分かります。

それを思うと、机やパソコン等、多少の備品を抱えているとしても、司法書士の職業は身軽です。

「投資」と考えると、今までに要した学費や書籍代、人件費なんかも含まれるかもしれませんが、

司法書士に限らず事業として成り立たすには、投資した金額以上のリターンを得られないと意味がありません。

投資を大きくして、その分リターンが大きくなればいいですが、必ずしもそうなるとは限りませんし、「自分にとっての適正規模はどの程度?」「どこにどれだけ投資するの?」ということは、いつも考えておきたいところです。

|

« 連載-求人への思い(3) | トップページ | 夕食を済ませて仕事に戻る »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)