« 経理をルーズにしない | トップページ | 結果的にいい感じで分担 »

2013年2月17日 (日)

「新幹線お掃除の天使たち」

Dsc_1471「新幹線お掃除の天使たち」(遠藤功著)。

新幹線の清掃を請け負う会社、「テッセイ」と呼ばれる鉄道整備株式会社が主人公。

現場で働く人によるさまざまなエピソードに、心が温まります。

新大阪駅で、新幹線?の折り返し運転の車両を清掃をされているのを待つ間、「まだかなぁ…」という目でしか見ていなかった私は、そこで働いておられる方の思い、大変さを知って、申し訳なくなりました。

掃除の会社だからといって、掃除だけをしていればいいわけではない。

そういう視点を持てると、もっといろんな形でお客様のお役に立てるんだ、ということが分かります。

|

« 経理をルーズにしない | トップページ | 結果的にいい感じで分担 »

読書・映画の話」カテゴリの記事