« 「幸せの順番」 | トップページ | 多くの人が同じ方向に進む時に »

2013年2月 4日 (月)

求められていることは何かを考える

事務所の中で、「外部の方が何を求めておられるか、考えて仕事しないといけないよー」という話をしていました。

私の頼み方に問題があったり、私が間に入ることで、意図がうまく伝わらなくなる場合もあるでしょうけど、私の後ろには、依頼者の求められていることがあります。

結局、どうやって対価をいただいているかと考えると、依頼者の求めておられることが実現できたり、そのお手伝いができたからなんですね…。

だとすると、「自分はこう思うので、こうやりました」「自分の中で、できることをやりました」という姿勢では、不十分だということもありえます。

|

« 「幸せの順番」 | トップページ | 多くの人が同じ方向に進む時に »

司法書士の日常」カテゴリの記事