« 多くの人が同じ方向に進む時に | トップページ | NHKオンデマンドを試す »

2013年2月 6日 (水)

「一番外側にある中身」

今日は、せっかく完成したはずの大量の書類を破棄。
もう一度、一からやり直す作業をしてもらいました。

「中身がOKなら、細かいことにこだわらなくていいじゃない?」と思う自分も居ますが、「ここで気を配れないと、自分の事務所ではなくなってしまう」という『こだわり』もあります。

稲盛和夫さんの「働き方」(三笠書房)に、こんなくだりがありました。

『立派な特性を備えているものは、見た目も美しいはずです。なぜなら、外見とは「一番外側にある中身」のことなのです』(「働き方」から引用)

司法書士として、書類の作成が仕事の全てではありませんが、書類を「商品」として扱っている以上、見た目にも気にして仕事をするのは、ごく自然なことだと思います。

|

« 多くの人が同じ方向に進む時に | トップページ | NHKオンデマンドを試す »

司法書士の日常」カテゴリの記事