« 紹介ありがとうの意思表示 | トップページ | 「幸せの順番」 »

2013年2月 2日 (土)

『1.3倍と1.7倍』の話

Dsc_1408ニュースレター第2号の「おススメ本」コーナーに選んだのは、「ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら」(木村康宏著)。
平成23年9月25日のブログにも書いた本でした。

2回目に目を通していて、一番印象に残ったのは『1.3倍と1.7倍』の話。

「お客さんに『ああ、この店はあの店より上だな』と思わせるポイントは、競争相手の1.3倍の力を持つことだと言われています」
「差がわかるだけの1.3倍という数字に、さらに1.3倍をかけた数字、それが1.7倍です。これが圧倒的な違いということです」(以上、いずれも引用です)

「人の何倍も努力して…」といった話を目にする機会がありますが、「何倍も…」より、「1.3倍」「1.7倍」と言われるほうが理解しやすいですし、

それなら自分にもやれるのかも?という受け止め方もできそうです。

|

« 紹介ありがとうの意思表示 | トップページ | 「幸せの順番」 »

読書・映画の話」カテゴリの記事