« まずどこでもやれることをやる | トップページ | 「督促OL修行日記」 »

2013年1月13日 (日)

「あん」にたどり着くまで

私が毎年楽しみにしている正月番組。
1月3日に放送された「真実の料理人2013」は、祇園佐ゝ木の佐々木浩さん。

16年間満席を続けながらも、「落ちるのが嫌なんで。やっぱり人間ですから。ずっとお客さんとも向かい合いたいし、若い人にもいい格好したいし。危機感ばっかりで毎日やっていますね」と言われていました。

私とはレベルは違うと思いますが、失くしてはいけない危機感。言われていることはよく分かります。

若い人に向けて、「修行の長い道」については、分かりやすい例え話を話されてました。引用すると、

「あんぱん食べよと思ったら、まん中にあんがありますよね。あん食べようと思ったら、パンを食わないとどうしようもない。でも、そのパンが1センチの人間もいれば、不器用な人間は3センチ5センチかもわかれへん。
でも、必ずあんはあるということなんですよね。パン食べてパン食べて、やっとあんがたどり着く。その辛抱がなかなかできない」(以上、引用)

「あん」がどの辺りにあるかを伝えるのは、上に立つ人の役割でしょうか。

最後に、独立して自分のお店を持った方の紹介を見ていると、私の事務所も、2人目3人目と、人を送り出せる存在でありたい、と思います。

|

« まずどこでもやれることをやる | トップページ | 「督促OL修行日記」 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事