« 本年もよろしくお願いします | トップページ | 外は雪で真っ白 »

2013年1月 2日 (水)

一分野限定では足りない

大晦日にやっていたテレビ番組で「清原VS桑田」の勝負。

桑田さんが1時間で30種類、分刻みでメニューを変えてやっている、というトレーニングシーンでは、繰り返し『バランス』という言葉を使われていました。

「チェーンのように、体はつながっている。特に野球の動作なんか、上半身だけとか、下半身だけっていうのはないでね。投げるも打つも捕るも、全部全身だから。キーワードはバランスですよね」

と、一部分を鍛えるだけでは足りないんだ、と言われていました。

今までにも書いたことがありますが、司法書士のいろんな分野の仕事も、どこかでつながっています。

私の事務所では、主に「不動産」「商業」「債務整理」「成年後見」の案件が同時進行していて、どこかに偏り過ぎないよう「バランス」を意識していますが、

複数の分野のことを同時に扱っていると、「ひとつの分野にだけ秀でていても足りない」ことが見えてくるもの、だと思っています。

|

« 本年もよろしくお願いします | トップページ | 外は雪で真っ白 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)